スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天井裏からの贈り物

自宅の耐震&改修工事が始まった。

74年の埃とともに天井裏から出てきたのがこの写真。写真というかガラスに焼き付けてある感じなのでlighiboxに乗せてみた。出征前の記念写真?第一次世界大戦時だとすると左側で抱えられているのが祖母?それとも第二次世界大戦時だとすると右端か中央の女性が祖母?はたまた写真が趣味だった祖父がどなたかの出征時に撮ってあげたものなのか?

ルーペで隅々まで見てみたが決め手となる情報は得られない。
でもなんだかこういう作業ってワクワクする。
これって写真にする方法ってあるのかなぁ?

追記:フィルムの前の時代のガラス乾板ってやつなのかな。
知り合いの写真館に持っててみようっと。

111206.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/06 10:52 ] その他 | TB(0) | CM(6)

ほんとうに宝物ですね。
写真にするには、スキャナで読み込んで階調を反転すればよろしいかと。
[ 2011/12/06 11:19 ] [ 編集 ]

そうか、透過ユニットがないと無理か…
[ 2011/12/06 11:22 ] [ 編集 ]

Re: seabasscolonさん

ネットで色々検索掛けて、何となくわかってきましたよ。
非常にワクワクしてます!
[ 2011/12/06 11:36 ] [ 編集 ]

貴重なものが出てきましたね。
扱ってるうちに割れちゃうなんて聞いたことがありましたので、
是非、慎重に^^
[ 2011/12/07 11:37 ] [ 編集 ]

 こんばんゎ~

なんか歴史を再現するという

宝物の贈り物という感じですよねェ~~v-25

ワクワクするの、わかります。
[ 2011/12/09 04:28 ] [ 編集 ]

Re: julia Kerryさん

派手に見送ってる感じもしないので、終戦近くの頃でしょうか。
写真館に持ってったらなんとかプリントして下さるそうです。
[ 2011/12/10 13:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujioyaji.blog36.fc2.com/tb.php/244-7442d18b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。