スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iPhoneでマクロ撮影

iPhoneでマクロ写真を撮ってみたくて検索を掛けたら、レンズ部分に水滴をたらせば出来るという記事を幾つか見つけたので早速やってみた。

まずはノーマルで可能な限り一万円札に寄ってみた。

13.jpg

12.jpg

いよいよマクロ撮影。
スポイトで水滴をたらし、爪楊枝でなじませてコンタクトレンズが載ってるような感じにする。

さてどこまで寄れるのか…

なかなかピントが合わずどんどん近づいてみると2㎝程の距離で鮮明な画像がモニターに写し出される。その距離に感動したことはもちろんだが、それ以上に肉眼ではわからなかった1万円札の紋様に驚愕。

日本の技術力の高さを簡易マクロレンズで垣間みた瞬間(笑)

11.jpg

10.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/10 21:37 ] その他 | TB(0) | CM(2)

なるほど、原理的には納得ですが、ここまで鮮明に写るんですね。
驚きます。
いろいろなものをマクロで撮りたくなりますね、これは。

ローライキャップ、私は緑の(茶)っていうのが好みです^^

肩もお大事に。
[ 2012/05/11 14:06 ] [ 編集 ]

Re: photosukeさん

水の状態によって毎回焦点距離が変わります。
面白くて色々検索掛けたら、水の代わりに油を使ってる方もいましたよ。

キャップはまだまだ増殖中、肩は時間が掛かりそうです。
[ 2012/05/11 19:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujioyaji.blog36.fc2.com/tb.php/311-04d2e783





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。